お盆法要における新型コロナ対策について

お知らせ

こんにちは。ご覧いただき有り難うございます。

宝林寺では7月11日(土)にお盆法要、翌12(日)に新盆法要を修行いたします。

法要に際しまして、未だ感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症対策を行いますのでここでご説明させて頂きます。

  • 消毒用アルコールの設置、マスク着用の推奨
  • 密を避けるためのソーシャル・ディスタンスの確保
  • 飛沫防止対策の実施
  • お線香の点火方法の変更
  • オンラインでのライブ配信の実施

以上の対策を行います。各対策の詳細を説明いたします。

・消毒用アルコールの設置、マスク着用の推奨

各入り口に、アルコール消毒液を設置いたします。また、御参拝の皆様にはマスク着用にもご協力をお願いいたします。お持ちでない方は、お寺で不織布製使い捨てマスク用意がございますのでお声掛けください。

・密を避けるためのソーシャル・ディスタンスの確保

3密(密閉・密集・密接)を避けるため、窓や扉を開け、換気を徹底します。また、本堂の椅子の数を大幅に削減し、着席される方同士が密接しないようにいたします。本堂に座れる方が制限されてしまうため、1階客間にモニターを設置し、法要の様子をご覧いただけるようにします。

・飛沫防止対策の実施

読経、法話の際の飛沫を防止するため、本堂内陣と外陣の間に、ビニールシートを設置します。また、1階客間のテーブルにも、対面される方との間に飛沫防止シートを設置します。

・お線香の点火方法の変更

接触を防ぐため、お線香は予め1本入り、2本入りに分けてビニール袋に入れておきます。それをご自身にて点火して頂きます。なお、点火用コンロの着火スイッチについてはこまめにアルコール消毒を行います。

・オンラインでのライブ配信の実施

浄土真宗本願寺派 宝林寺
練馬区にある浄土真宗本願寺派のお寺、宝林寺です。

以前の永代経法要でもYouTubeライブにて配信を行いましたが、今回も同様に法要の様子を配信いたします。ご自宅にいながらもお参りいただけます。

以上の対策を行なった上で、お盆法要、新盆法要をおつとめいたします。

お盆は、亡くなられたご縁のある方に思いを馳せ、ほとけさまとなって常に私たちを見守ってくださることへ改めて喜ばせて頂くことのできる貴重なご縁です。このように不安な世の中において、生きている私たちを常に気にかけてくださっているほとけさまの存在は非常に心強く思います。どなたさまもご自愛の上、お参りください。

https://www.hongwanji.or.jp/news/cat5/000816.html
タイトルとURLをコピーしました